忍者ブログ

yoshikiyo Lab

自称makerのブログ。電子工作とかテスラコイルとか 「とりあえず動けばいい」そんな適当すぎるものづくりをしています。

   

半導体到着!

digikeyから注文していたIGBTが届きました



これでテスラコイルの実験を再開できるようになった


ちなに、新しいDRSSTCの製作を開始しました(結構前からやってたけど)
今回、製作中のテスラコイルはこんな感じ(一次コイルと制御回路)



前回のものよりも一回り小さくなっています。
40~50㎝位、放電するのですが、まだ安定動作してくれないので改良がひつようです




↑放電の様子です。

 


↑MIDIで演奏してみた

途中から放電の勢いが極端に弱くなったのは、ドライブ回路に使用しているFETの一つがゲート破壊したためです
ゲートドライブ関係の回路設計見直とか結構めんどくさい ゲート保護回路もちゃんと入ってるのにな~

拍手[2回]

PR

大量購入して放っておいた秋月300円液晶を使ってみる

今回のネタは、「大量購入して放っておいた秋月300円液晶を使ってみる」ということで有名な秋月300円液晶(LTA042B010F)をとりあえずテストしてみます。
何番煎じかわからないけど・・・



写真が例の秋月300円液晶である。
数年前、調子に乗って大量に購入してしまったため、まだこれがいくつもある。何か「モノ」にしてあげないと


naru研さん http://naruken.cweb.tk 
STRV's工房 http://strv.no-ip.com/studio/index.html
の二つのサイトを参考にさせていただきました。


また、この液晶を制御するには、次の点を何とかする必要がある。
メモリ(バッファ)を内蔵していないので、常に表示データを送り続る必要がある
液晶駆動電圧(±9~15[V])を外部から与える
信号の入力が0.5mmピッチのFPCコネクタ


今回の実験は300円液晶に絵を表示し使えるかどうかテストするのが目的です。
使用するマイコンはSH7125Fで、秋月で販売しているSH7125Fマイコンボードを使用しました。
このマイコンは50MHzで動作する高速なものです。また内蔵フラッシュが128kバイトもあるためフルカラーフル解像度(400x96pixel)のビットマップデータを格納することが可能でした。


電源には5Vを入力することにしたので、昇圧用にはMAX662、負電源はLTC1144で作ることにしました


0.5mmピッチのFPCコネクタは本来の物を使用せず、コネクタを取り外し直接0.3mmのUEWをはんだ付けした。ピッチが0.5mmしかないので大変です。
 

 

しかしこの方法良くなかった。実験中に銅線が切れる、切れる・・
修正時間のほうが長くなっている気がします。


やっぱり元からのコネクタ使うことにします。
そこでフラットケーブルとコネクタを購入し回路を製作↓のようになった。
 

↓0.5mmピッチFPCコネクタピッチ変換基板

回路図を書かないで作ってしまった。
マイコンとの接続は適当です。取り合えづ出力ポートにさえつながっていればいいので
0.5mmピッチFPCコネクタピッチ変換基板は買うと高いので基板加工機で自作しました。



回路が用意できたのでとりあえずプログラムをHEW(High-performance Embedded Workshop)で製作
でテストパターンを表示↓してみました。意外ときれいです。
 

 


プログラムを改良してビットマップ画像を表示してみたところ。
フルカラーフル解像度(400x96pixel)のビットマップデータは約100kバイト程度なのでぎりぎり内蔵フラッシュに収まった。
非常に綺麗に表示できます。プログラムは単純にループさせているだけですがマイコンを50MHzで動作させて
いるのでリフレッシュレートも案外速いです。

 


とりあえず画像を表示できたので今回は終了です。
マイコン単体では画像を表示させるぐらいしかできませんね。
もっと高性能なマイコン(Interface誌付録のSH-2Aマイコンあたり)やFPGAなどを使用しないと動きのあるものは難しいかな。

ということで今回は以上です。

拍手[8回]

テスラコイルの紹介でも

とりあえず以前から製作しある程度完成しているテスラコイルでも
まだ改良すべき点が非常に多いです・・・



これが全体の構成です。だいたい130cm位の高さです。
二次コイルはUV150に0.3mmのUEWを50cm巻いてあります(約1500回巻き)
共振周波数は大体78kHz位だったような



これが土台部分と一次コイル、フィードバック用のアンテナ周辺
土台部分はスチールアングル?で製作しました。
一次コイルは6mmのなまし銅管です。これが固くてまきにくすぎです・・ ちなみに15回巻き
この辺は加工はとりあえず気合いで何とかします



IGBTを使用したフルブリッジ回路です。
選んだIGBTが微妙だったかもしれないと後で気付いたけど、大体安定しているのでいいのかな?


後は適当に放電画像でも
入力電圧は一番長く放電しているもので約60~70Vくらいです。
場所が狭くてこれ以上放電距離を延ばせない





 


まだ距離は延びると思う。

拍手[8回]

始めました

はじめてブログを見る皆さん、はじめまして。yoshikiyoです。
電子工作や高電圧なものが大好きです。
とりあえずどんなものを作っているかというと、現在は主に写真のテスラコイルなどを製作しています。詳細はそのうちに


 自作したDRSSTC


50[cm]程度の放電

とりあえずは公開して微調整中です。
http://yoshikiyo.blog.shinobi.jp/
趣味の電子工作や高電圧実験のことなど書いていくつもりなのでよろしくお願いします。

拍手[2回]

テスト

とりあえずテスト投稿

拍手[0回]

最新記事

最新コメント

[08/21 coiler]
[08/21 yoshikiyo]
[08/21 coiler]
[08/20 yoshikiyo]
[08/20 coiler]

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- yoshikiyo Lab --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]