忍者ブログ

yoshikiyo Lab

自称makerのブログ。電子工作とかテスラコイルとか 「とりあえず動けばいい」そんな適当すぎるものづくりをしています。

   

ウィムズハースト起電機

ウィムズハースト起電機というのは静電気を発電する発電機の一種です
詳しくは下記のリンクを参照してみてください
wikipedia ウィムズハースト式誘導起電機

ウィムズハースト起電機は形状が美しい起電機の一つだと思います。
2013年11月ごろから設計・製作を開始しようやく完成させることができました。

ウィムズハースト起電機スペック
起電板直径:210mm
セクタ数:16枚
サイズ:W250mm×H300×D130(放電電極除く)
重量:1.7kg
駆動方式:モータ駆動
電源:AC100〜240V
発生電圧:約1〜2万V(1〜2cmの放電 環境による)

とりあえず全体構成です。
特徴のある構造をよく見えるようにするためアクリルを使用しています。


起電板+セクタ
起電板のみ塩ビ製、セクタはアルミテープ
起電板1枚につきベアリングを2つ使用して回転軸へ固定
セクタのショートブラシには導電布を使用してできるだけ
起電板に傷がつかないようにしています。
 


集電電極付近
こちらもアルミテープです。


コントローラー
PWMスピードコントローラを搭載しています。R8C/M12Aを使用しています。
回転数を変更することなんてほとんどないですけど見た目重視で回路組んでおきます。
 

動作確認の様子です。
湿度が高いこの季節はいまいち






拍手[4回]

PR

自作半田リール台

半田リール台を自作してみました
Visioで大まかな図面を引いて、DraftSightで形状を整えます。

 

CAMでGコードを生成してCNCで各部品を作成
側面がA2017、土台が塩ビ板



半田リールをかける軸の部分も作っておきます。
 



土台に2mmのねじを切って側面板をネジ止めして完成
 

 

 

拍手[2回]

基板加工機の導入

基板加工機を購入しました
最近は、プリント基板の外注の敷居がだいぶ低くなってきていますが
やはり自分で作れたほうが便利という事で

MITSの基板加工機 Eleven LTです。中古ですが状態もよく一安心です。


ただ、現在主流?の38mmの工具ではなく、32mmの工具を使用するように
設計されているため、一部改造が必要です。(後で調べたら32mm工具も売ってました)
デフォルトだと加工面から工具先端までの距離が短く38mm工具を使うことができない


そこで、ルータ部分にジュラコンで作ったスペーサをかませます。
差分の6mmルータ部分を上げます。白い部分がスペーサです。
 

38mm工具が使えるようになったのでテスト加工
0.5mm→2.54mm変換基板を作ってみた結果
一部ミスがありますがなかなか良いです

拍手[1回]

ガイガーカウンター

数年前に回路を作ってから何もしていなかったガイガーカウンターのケースを作ってみた。

既存のケースを使うのが嫌だったので、アクリルをNCで加工してパネル類を作成することにしました。5mmのアクリル板から切り出します。


組み立てると
 



GM管取り付け
 

組立は2mmのねじをアクリル板の端面に切ってねじ止めで行うようにしました。
強度の面で心配だったのですがかなり頑丈なケースに仕上がました。

ケースこれで完成ですが、メイン制御基板組まないといけません
ゆっくりやっていこうと思います。

拍手[1回]

Make: Ogaki Meeting 2012 出展します



Make: Ogaki Meeting 2012 出展します。
とりあえずテスラコイルとか光るものを展示する予定です。
いい感じで放電しています。今のところは..

あと、自作DMMですが再設計となってしまいました。Makeへ持っていきたいけど


以上、近況報告でした。

拍手[2回]

最新コメント

[08/21 coiler]
[08/21 yoshikiyo]
[08/21 coiler]
[08/20 yoshikiyo]
[08/20 coiler]

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- yoshikiyo Lab --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]