忍者ブログ

yoshikiyo Lab

自称makerのブログ。電子工作とかテスラコイルとか 「とりあえず動けばいい」そんな適当すぎるものづくりをしています。

   

ウィムズハースト起電機

ウィムズハースト起電機というのは静電気を発電する発電機の一種です
詳しくは下記のリンクを参照してみてください
wikipedia ウィムズハースト式誘導起電機

ウィムズハースト起電機は形状が美しい起電機の一つだと思います。
2013年11月ごろから設計・製作を開始しようやく完成させることができました。

ウィムズハースト起電機スペック
起電板直径:210mm
セクタ数:16枚
サイズ:W250mm×H300×D130(放電電極除く)
重量:1.7kg
駆動方式:モータ駆動
電源:AC100〜240V
発生電圧:約1〜2万V(1〜2cmの放電 環境による)

とりあえず全体構成です。
特徴のある構造をよく見えるようにするためアクリルを使用しています。


起電板+セクタ
起電板のみ塩ビ製、セクタはアルミテープ
起電板1枚につきベアリングを2つ使用して回転軸へ固定
セクタのショートブラシには導電布を使用してできるだけ
起電板に傷がつかないようにしています。
 


集電電極付近
こちらもアルミテープです。


コントローラー
PWMスピードコントローラを搭載しています。R8C/M12Aを使用しています。
回転数を変更することなんてほとんどないですけど見た目重視で回路組んでおきます。
 

動作確認の様子です。
湿度が高いこの季節はいまいち






拍手[4回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

No Title

  • by coiler
  • 2015/08/20(Thu)17:27
  • Edit
中々に美しくて安定したウィムズハーストですね、流石です。
電圧はそれなりに出ているようなのでライデン瓶を追加すれば
放電の長さも強度もさらに上がるのではないでしょうか。

No Title

  • by yoshikiyo
  • 2015/08/20(Thu)22:13
  • Edit
coilerさんコメントありがとうございます。
ライデン瓶は近いうちに実装する予定です。
動作確認2のほうでコンデンサ(クリアファイルとアルミテープで自作)をつなげています。
ただ、放電の違いが動画だと分かりにくいですが。

No Title

  • by coiler
  • 2015/08/21(Fri)00:01
  • Edit
2の方で使われてましたか、すみませんうっかり見過ごしてました。
もし興味があれば、ディスクを交換してセクタレスウィムズハーストに改造してみません?
始動性は△らしいですが、上手く行けば他の方式では得られないくらいの
電圧が得られるそうなので結構気になっています。

No Title

  • by yoshikiyo
  • 2015/08/21(Fri)00:26
  • Edit
実はこれ、当初はセクタレスウィムズハーストを作る予定でした。しかし、セクタなしではまったく発電しなかったためセクタを張り付けました。
ディスクの材質もアクリル、塩ビと試してみましたが失敗。ディスクサイズが小さいと厳しいのかも

No Title

  • by coiler
  • 2015/08/21(Fri)01:29
  • Edit
実は自分もアレンジした小型のセクタレス試作して失敗してるんですよね、
何か上手く行くコアの技術が見つかると良いんですが。
自分の方でも今後色々試してみます。

最新コメント

[08/21 coiler]
[08/21 yoshikiyo]
[08/21 coiler]
[08/20 yoshikiyo]
[08/20 coiler]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- yoshikiyo Lab --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]