忍者ブログ

yoshikiyo Lab

自称makerのブログ。電子工作とかテスラコイルとか 「とりあえず動けばいい」そんな適当すぎるものづくりをしています。

   

Z80モニタインターフェース2

Z80ワンボードマイコンに接続する入出力インターフェースを製作しました。
このモニタインターフェースとモニタソフトを利用することで
RAM領域の読み書きや任意のROMアドレスからのソフトウェアの実行が可能になりました。


〇Z80モニタインターフェースのブロック図です。

ワンチップマイコンで構成してしまえば簡単にインターフェース回路を構築できますが
できるだけ当時(80年から90年前半)存在していた部品で回路を構成します。
参考にしたオリジナル回路には現在では廃止となっている部品が使用されていたため
廃止部品を現存するロジックICで置き換えて回路を構成しました。

〇ディスプレイ・スイッチコントローラ

ディスプレイ・スイッチコントローラ「UPD8279」を採用し回路を簡略化しています。
7セグのダイナミック点灯やスイッチ入力の処理を内部のハードウェアで行います。
今でも若松通商青丹通商で入手可能です。

ディスプレイ・スイッチコントローラ「UPD8279」の内部ブロックです。


〇駆動電流
Z80ワンボードマイコン+Z80モニタインターフェース接続時の電流
Z80、UPD8279どちらもTTL ICなのでしょうがないですね...


〇保護パネル
ディスプレイと部品の保護のために保護プレートを製作


CNCでアクリルパネルを切削


Z80ワンボードマイコンとモニタインターフェースへの取付


余っていたアクリル板を使用したら片方はピンクエッジタイプでした。


モニタソフトのソースコード
某工業高校で使用されていた教育用ボードのソフトウェアを参考にしています。
MONITOR.asm

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

最新コメント

[08/21 coiler]
[08/21 yoshikiyo]
[08/21 coiler]
[08/20 yoshikiyo]
[08/20 coiler]

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログ内検索

カウンター

Copyright ©  -- yoshikiyo Lab --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]